やすらぎと優雅さを感じさせる外観に

兵庫県神戸市

兵庫県神戸市にある築43年の賃貸マンション。
築古という見た目の印象を変える為に外壁塗装と、この機会を利用してエントランスをリノベーションするとともに、共用設備の改善を行いました。

正面玄関であるエントランスは、マンションにおいては訪問者が最初に訪れる部分でもあり、第一印象を決める顔ともいえる場所です。
エントランスをグレードアップすれば、マンション全体の価値が高まることから、木目のゲートを造作し、壁面を本石をスライスした建材で覆い重厚で存在感のある質感を出し、照明計画で、豊かな表情を創りました。

物件名の由来であるニレの木のシルエットをあしらった銘板を造作し、階段を上った正面は同様にニレの木を連想させるアイアンのウォールオブジェを設置。
立派な物件シンボルが誕生しました。

エントランスの横で丸見えだったゴミステーションも、土間はスタンプコンクリート、ブロック塀はタイルで覆い、リーフ柄のアイアンフェンスを設置して、階段から見えにくくなるように仕上げました。

また、エントランス横の空室だったテナントの壁を一部解体し、独立したポスト室を新設。
質感のある化粧パネルとアクセントとして配したモールディングでエレガントさを演出。
雑然としがちな集合ポストの整備を行いました。

物件情報

建物種
賃貸マンション
所在地
兵庫県神戸市
築年数
43年
構造
RC造5階建て
間取り
3LDK
施工箇所
エントランス、外壁、外構
戸数
28戸
ターゲット層
ファミリー

物件情報

建物種
賃貸マンション
所在地
兵庫県神戸市
築年数
43年
構造
RC造5階建て
間取り
3LDK
施工箇所
エントランス、外壁、外構
戸数
28戸
ターゲット層
ファミリー
  • BEFORE BEFORE

  • AFTER AFTER

  • BEFORE BEFORE

  • AFTER AFTER

  • BEFORE BEFORE

  • AFTER AFTER

プランナーの声

オーナー様より、居住階へは物件横手の道路から階段を登るしかなく、エントランスが作れない状況で、エントランスらしさを演出するにはどうすれば・・・とご相談があり、ご提案させて頂きました。
オーナー様の物件への愛情、入居者への思いやりを感じ、物件名の「エルム(にれの木)」をポイントに散りばめつつ、機能性(退去抑制)と美観性(入居促進)のアップが図れたかと思います。
入居者様にも、近隣の方にも「綺麗になったね!」と喜んでいただけて、本当に良かったです!

この空室対策リノベーションをシェア

  • facebook
  • twitter