ふたつの光で空間演出。昼と夜を楽しむLDK

大阪府松原市
今回、施主様が日常長く過ごされる母屋のLDKのリノベーション工事を行いました。
リビング・ダイニングの空間形状が長方形のため部屋の奥まで光を入れるのが難しく、
日中も暗い印象でした。

施主様より「リビングが暗いのでどうにかしてほしい。」とのご依頼をいただきました。
そこで「明るさ」を演出することをポイントにプランニングを行いました。
解決策として、天井面に開口部を設けるトップライトを設置し明るさを確保しました。
次にTVボードのサイドと上部分に加え、天井に曲線状に間接照明を設けることでライティングによる空間演出をおこないました。
天井面に配置した間接照明の「曲線」は、図面では簡単に描けるものですが、施工時に実物大に流れるようなラインを実現できたのは、現場の施工担当者の“腕”によるものです。

お昼間の「トップライト」と日没後の「間接照明」、ふたつのパターンの「明るさの演出」を楽しんでいただける空間に生まれ変わりました。

物件情報

建物種
戸建て
所在地
大阪府松原市
築年数
60年
構造
木造2階建て
施工箇所
LDK

物件情報

建物種
戸建て
所在地
大阪府松原市
築年数
60年
構造
木造2階建て
施工箇所
LDK
  • BEFORE BEFORE

  • AFTER AFTER

  • BEFORE BEFORE

  • AFTER AFTER

  • BEFORE BEFORE

  • AFTER AFTER

建築士の声

問題点であった部屋の暗さを、「トップライト」と「間接照明」で解消して、明るい空間づくりを目指しました。また床材のテイストや造作家具であるTVボードなど、これまでとは異なるインテリアをお楽しみいただければと思います。

お客様の声

とても明るくなりました。こんなに綺麗になるのですね!