高級感漂うホテルライクなエントランスへ

東京都大田区

“ダマスク柄”はご存知でしょうか?

ダマスク柄とは、紋織物の一種であるダマスク織の模様をモチーフにした柄の事です。植物、果物、花柄などを使って、つながったように繰り返すデザインで、2色から3色程度の色数は少な目で構成され、文様が浮きでて見え、エレガントさが演出できます。

オーナー様のご意向により、エントランスホールで一番目立つ正面にダマスク柄のクロスを施工しました。イメージががらっと変わり、アクセントとして際立っています。

リノベーション前のエントランスホールは、一見オシャレではあるものの、どこか冷たさと古さを感じてさせていました。
ベースイメージを大切にし、白を基調に建材や照明で空間を演出。柔らかい光を壁に当てることで良いムードになり、高級感漂うホテルライクなエントランスに変身しました。

高級住宅地に立地し金銭的にも余裕のある単身者をターゲットにしていた事もあり、リノベーション後は3部屋あった空室も満室になられたということでオーナー様も大変喜ばていました。

人間で言うと顔の部分にあたるのがエントランス。ここの見栄えが非常に大事だというのがつくづく分かる事例でした。

物件情報

建物種
賃貸マンション
所在地
東京都大田区
築年数
18年
構造
鉄筋コンクリート造
間取り
1K~1LDK
施工箇所
エントランス
戸数
17戸
ターゲット層
単身・2人暮らし

物件情報

建物種
賃貸マンション
所在地
東京都大田区
築年数
18年
構造
鉄筋コンクリート造
間取り
1K~1LDK
施工箇所
エントランス
戸数
17戸
ターゲット層
単身・2人暮らし
  • BEFORE BEFORE

  • AFTER AFTER

  • BEFORE BEFORE

  • AFTER AFTER

  • BEFORE BEFORE

  • AFTER AFTER

プランナーの声

建物のイメージを壊したくなかったので、モノトーンでまとめ石彫シートの間にアクセントでガラスのタイルを埋め込みました。
ガラスタイルに照明が当たりキラキラと幻想的な空間になるよう照明にもこだわり、照明の数はあまり増やさずホテルのような落ち着いたムードのある空間を目指しました。

全体の雰囲気ととてもよく合いエレガントな女性らしさがプラスされました!!

この空室対策リノベーションをシェア

  • facebook
  • twitter