『路地裏で見つけた京都』をテーマに築年数を感じさせないエントランスに。

神奈川県川崎市
築42年のこちらの賃貸マンションは経年劣化が目立ち、暗い雰囲気でした。
オーナー様はこの雰囲気から物件の周辺の治安が悪くなってしまうことに
危機感を感じて、エントランスのリノベーションをご依頼されました。

そこで、この賃貸マンションの路地裏のようなアプローチの雰囲気を活かして
和をベースにしたリノベーションプランをたてました。

左官仕上げで藍色に塗って表情をつけたブロック塀。
瓦を埋め込んだモルタル仕上げの白い土間のアプローチ。
古さを感じさせてしまっていた壁は木目調のシートですっきり。
照明も増設し、明るく意匠性あるエントランスへとイメージアップ。

他にも入居者様が使いやすいように、自転車の奥にあったポストをアプローチの動線上に配置変更しました。ブロック塀をふかしポストを埋め込んだことで、通行の妨げにならないようしています。

築年数は変えられませんがリノベーションによってこの賃貸マンションの印象は大きく変わりました。

物件情報

建物種
賃貸マンション
所在地
神奈川県川崎市
築年数
42年
構造
S造4階建て
間取り
1LDK、2DK
施工箇所
エントランス
戸数
6戸
ターゲット層
単身

物件情報

建物種
賃貸マンション
所在地
神奈川県川崎市
築年数
42年
構造
S造4階建て
間取り
1LDK、2DK
施工箇所
エントランス
戸数
6戸
ターゲット層
単身
  • BEFORE BEFORE

  • AFTER AFTER

  • BEFORE BEFORE

  • AFTER AFTER

  • BEFORE BEFORE

  • AFTER AFTER

プランナーの声

リノベーションした部分だけが目立ってしまうと建物の築年数を強調してしまいます。
そこでエントランスと建物とのバランスを考えて和の伝統的な雰囲気に寄せたデザインにしました。

お客様の声

先代から受け継いだこのマンションを大切にこれからも守っていきたいと思い、リノベーションを決めました。
明るい雰囲気になって防犯面でも効果的でした。