2面だけのリノベーションでも表情豊かなマンションに

山口県下関市
費用をかければ賃貸物件の魅力は上がり満室にはなりますが、家賃は大幅に上げられないため改修費用を回収できず、経営的に本末転倒となってしまいます。
賃貸物件のリノベーションは費用対効果を考えた改修がポイントになります。
この物件は投資の着地点、空室対策に効果がある部分のみを改善し入居者目線に訴えるリノベーションを行った賃貸マンションです。

こちらの賃貸マンションは8年前に全体的に改修をされた物件。
それなりの美観を保っていましたが、当時行われた改修は原状回復工事でしたので、特徴のない白い単色の賃貸マンションでした。

8年前の改修工事のお陰で致命的なダメージはありませんでしたが、共用部の劣化が日に日に目立つように。それと共に空室も目だってきたとご相談を受けてのリノベーションです。マンション全体のイメージに直結するエントランス側の2面のみのプランニングです。

外壁は単色から2トーンに変更。
壁面にはレンガ風セラミックタイルを一部あしらい、階段壁に施工した木目調リノストンとともにリズム感を演出。
共用廊下もモルタル仕上げから土間タイルに変更。市松模様風にデザイン貼りをし、2面のみのリノベーションで意匠性を持たせることができました。

物件情報

建物種
賃貸マンション
所在地
山口県下関市
築年数
36年
構造
RC造 3階建
間取り
1LDK/2LDK
施工箇所
外壁、エントランス、共有部
戸数
10戸
ターゲット層
単身~ファミリー

物件情報

建物種
賃貸マンション
所在地
山口県下関市
築年数
36年
構造
RC造 3階建
間取り
1LDK/2LDK
施工箇所
外壁、エントランス、共有部
戸数
10戸
ターゲット層
単身~ファミリー
  • BEFORE BEFORE

  • AFTER AFTER

  • BEFORE BEFORE

  • AFTER AFTER

  • BEFORE BEFORE

  • AFTER AFTER

プランナーの声

2面のみでしたので価格を抑える事が可能でした。
ですが逆にその分制限されると言えます。
その中で十分に効果が発揮できるように建材の選定や使い方を工夫し、十分効果が発揮できました。

建築士の声

過去に全体的な改修を行っていたのでフルリノベーションは行いませんでした。
部分的なリノベーションであってもポイントさえおさえれば入居率向上につながります。